言語を選ぶ

閲覧

体組成の標準値は何ですか?

注:
体脂肪 + 骨量 + 筋肉量 = 体組成の100%
筋肉と脂肪に水分があるため、体組成を算出する際に体水分を足すことができません。

 


 

体水分率

体内総水分量は体内の液体の総量です。これは、細胞と組織の両方に含まれる水の量を表す、細胞内の水と細胞外の水を含みます。

例えば、体脂肪には約10%の水が含まれる一方で、筋肉は約75%が水です。

体水分率の標準値は下記の通りとなります:

 

体脂肪

体脂肪は脂肪細胞を含む組織で出来ています。体脂肪は、女性では腰と太もも周辺に蓄積し(ガイノイド肥満として知られる)、男性ではお腹周辺に蓄積する(アンドロイド肥満として知られる)傾向があります。

脂肪量は除脂肪量の反対で、筋肉、内臓、骨から構成されます。

体脂肪の標準値は下記の通りとなります:

 

筋肉量

筋肉量は、体の筋肉の重量を示します。筋肉量は、骨格筋、平滑筋、心筋の3種類の筋肉から構成されています。

骨格筋は横紋筋とも呼ばれ、自発的に動かすことができます。例えば、二頭筋は骨格筋です。

平滑筋は、自発的に考えずに自律的に収縮する、非自発的な無紋筋です。腸は平滑筋の例です。

心筋は骨格筋と平滑筋の中間で、非自発的な横紋筋です。

筋肉量の標準値は下記の通りとなります:

骨量

骨量は体内にある骨の重量です。

骨量の標準値は下記の通りとなります:

この記事は役に立ちましたか?
189人中172人がこの記事が役に立ったと言っています
リクエストを送信